卒業論文作成メモ
卒業論文作成にあたり、参考文献の読書記録及びメモとして作成した。 卒論テーマは「体育会系人間の論理と行動様式」の予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「体育会系」の発生
「遊び」であるはずの「スポーツ」を、「精神修養」の側面をもつ「体育」として行うようになった日本の大学では、「体育会」という独特の社会組織が形成されるようになった。

「体育会」は、スポーツを体育として徹底するため、先輩と後輩の間に一般社会よりも厳しい長幼の序を築いた。後輩は先輩の命令に絶対に反抗できず、闇雲に従うことを強制された。「4年生は神様、3年生は天皇、2年生は平民、1年生は奴隷」など「階級」を公言する体育会も存在した。

なぜ、そのように厳格な先輩後輩の秩序が決められたのか。それは、スポーツを体育化するにあたり、スポーツに含まれていた“反社会的要素”を排除するためである。

本来、スポーツは、単純に競技での実力のみで評価される社会である。年齢や階級、地位や性別によって評価が変わるものではない。しかしスポーツが内包する実力主義は、現実の社会ー特に、長幼の序を重視する日本社会とは相反する、いわば“反社会的要素”であった。本質的に“反社会的”なスポーツを、社会化のための「精神修養」として“体育化するためには、現実社会以上に厳しいルールを定め、行う必要があった。

(玉木正之『スポーツ解体新書』第2章「日本人と体育」NHK出版 2001)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kusunokisoturonn.blog60.fc2.com/tb.php/11-377e9120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。