卒業論文作成メモ
卒業論文作成にあたり、参考文献の読書記録及びメモとして作成した。 卒論テーマは「体育会系人間の論理と行動様式」の予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「体育会系の学生は企業人として必ず伸びる」
11月6日に全日本大学駅伝が行われた。3年生、4年生の選手も目立つ。この時期まで休まず練習を続け、母校の名を背にして大会に出るとなると、就職活動をする時間はほとんどないだろう。

 剣持さんは、こういうアスリートや体育会系学生の就職活動を支援する会社を運営している。

 「体育会系と聞くと、体力とか根性を強くイメージされるかもしれませんが、実際にスポーツを続けている選手やマネジャーは『勝つ』という目的を達成するために、組織で継続して活動しています。これは企業活動と同様なんですね。

 そういう意味では、体育会系の学生は企業の力になる素養をすでに持っているのです」

 しかし、現状の就職活動時期のピークである3年生から4年生にかかる春には、合宿や試合が目白押しの状態だという。他の学生はこの頃から就職活動に本腰を入れ始め、数十社にも応募するのに。

 そこで剣持さんは、体育会系の学生にもできる限りのチャンスを与えたいと、独自の就職支援策を作り上げた。

 「多忙な体育会系学生の平均面接社数は5社程度。総平均の5分の1以下です。でも就職活動の機会が少ないなら、その中で自分を表現できる武器の作り方がある。私はそれをアドバイスしたい。体育会系の学生は粘り強いし、挑戦する意欲も、目標達成の意識も非常に高い。今までやってきたこととシンクロさせていけば、その武器を使いこなすことは比較的容易だと思いますね」

 体を大きく動かし、身ぶりも声も勢いがいい。自身もスポーツが好きでたまらないというエネルギーを放つ。世の中の就職活動、それはそれ。大丈夫、私たちには私たちなりの力とやり方があると訴えてくる。

 剣持さんは、この体育会系の力を新しい価値観、産業と位置づける。そしてその存在が社会の大きな波となって拡大していくことをめざしている。現在の体育会系学生の比率は全体の7%。だが企業人のパワーに換算すると比重はもっと高いのかもしれない。

(アサヒ・コム 就職・転職ヒューマントーク 2005年11月14日 インダス(株)代表取締役 剣持和明氏インタビュー)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kusunokisoturonn.blog60.fc2.com/tb.php/20-de54f138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。