卒業論文作成メモ
卒業論文作成にあたり、参考文献の読書記録及びメモとして作成した。 卒論テーマは「体育会系人間の論理と行動様式」の予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殴り書き③世間とは?
世間とは「社会」という意味ではなく単に「外(よそ)」のことで、「よそ者」というような意味でもあった。
世間という言葉は現代でもしばしば否定的な意味で使われることがある。
「世間の目を気にするな」だとかそういう意味で。
世間は「社会」という意味ではなく、外とか他とかいうような意味。
一つの共同体の外部を指す言葉。世間師は共同体に属さない人。

江戸時代はメディアもなくて、各藩にお国柄というものもあったし
使ってる言葉もかなり違っただろうから、統一的な常識みたいなのがなかったんだろうね。
ほとんどの人は自分の村以外のことは知らずに人生を終える。そして
世間師みたいな特殊な人たちだけが他所のことをいろいろしってると。

明治以降の富国政策から段々と日本人は統一的な価値観を共有するようになってし
まって、多数派が共有してる価値観からずれてる人のことを、言語の意味の変容も
あいまって「世間知らず」と馬鹿にするようになったんじゃないかな。
今はサラリーマンが多数派だから彼らの価値観が正当な社会常識だと言ったりすることになる。

営業・事務系サラリーマンは、普段、自営業者や製造業現場労働者の存在ことをあまり意識していないように思える。
就職する=営業・事務系サラリーマンになる という観念を当然のものとして生きてきたため、それ以外の労働者の世界は余り想像に登らない。
同じ勤め人同士でも、営業・事務系サラリーマンは、研究開発、製造現場、流通(輸送)現場の人たちに対しては、仲間意識がかなり薄い。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kusunokisoturonn.blog60.fc2.com/tb.php/7-2ba486f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。